あなたのGiving、 重たくないですか?

あなたのGiving、 重たくないですか?


🧘‍♀️吉川めいのMindfulness Tips


先日、組織心理学者のアダム・グラントさんの本『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』を読んでいる友人から、グラント氏の、人間を3種に分ける観点について聞きました。それは、

①与えてばかりの「Giver」

②多くを受け取ろうとする「Taker」

③ 何かをしてもらったら、何かを返す「Matcher」

だそうです。


TakerとMatcherについては原動力が分かりやすいですが、Giverタイプについては少し注意が必要です。

というのも、Giverには「相手のことを思って与えることは良い事」という考えが根本にありがちです。もちろんそれは良い事なのですが、そこに“自分を犠牲にしてでも相手のために”という気持ちがある場合、すべてのGiveが良い事とも言い切れないと思うのです。


よく聞くのは“自分のキャリアを犠牲にした母の姿”です。これは本人にとっては「子どものためを思ってのGive」かもしれませんが、子供にとってはお願いしてもいない、ただとても重たいGiveになってしまうことがあります。


実際、グラント氏の本の中でもGiverは成功するGiverと失敗するGiverに分けられており、失敗するGiverは自分を犠牲にして相手に尽くすGiverとのことでした。


そんな意味で、自分がGiverになる際に心がけたいのは「そこに犠牲心がないか?」という確認です。与えることが、自分にとっても相手にとっても心地良いものであるように。「〜せねばならぬ」や「〜した方がいい」といった縛りからではなく、あなたが満たされた上での溢れる気持ちからGiveを与えたいですね。



🧘‍♀️今週のMindfulness Exercise

あなたが良かれと思ってとるGivingの中に、少しでも自分を犠牲にしている気持ちがないか、相手にとって重たいGiveになっていないかチェックしてみましょう。

 

夏休みを前に親子関係を見直してみませんか?

吉川めいによる’特別デジタルコンテンツ

「自分に”はなまる”が出せる子育て」

2024年7月20日から11日間限定で販売決定。販売開始は公式LINEにて通知いたします。
LINE登録→https://lin.ee/ZCUpiv93
ブログに戻る